読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市内のだんじり祭り鍼灸師・段上 功のブログ

鍼灸師だからこそ伝えられる、ためになる情報をお届けします!同時に、だんじりや野球など、趣味や日常の発信もしています^ ^

祭りは、バカ騒ぎをしているだけじゃなく、そこに様々な想いを載せているもの。

f:id:hari9danjiri:20160716170904j:plain

大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院

院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

 

先日おこなわれた城東・鴫野の夏祭。

昨日のブログにも書きましたが、

今までにない、何か特別なキモチを抱いた祭りでした。

 

そんなキモチとは相反する、嫌なニュースが飛び込んできました。

www.sankei.com

 

だんじりを曳いている時に、

マンションから油のような液体が入った瓶を投げつけられ、

同じ地区の永田町さんのだんじりに直撃しました。

 

そのせいで、だんじりはへこみ、

割れた瓶の破片で3人の方が頭や腕を切るケガをされました。

 

未だ犯人は捕まっていないそうです。

 

たしかに、太鼓や鉦(カネ)の音は、大音量なので、

腹が立つ気持ちは、わからなくもないです。

もしかしたら、キライな方からすれば、お囃子の音は、ただの騒音のように感じるのかもしれません。

 

しかし、だからといって、

一歩間違えれば命に関わるようなことをするのは、

あまり良いキモチにはなれませんよね。

 

ボクらが携わっている祭りって、

好きな人間が集まって、ただ騒いでいるだけじゃないんですから。色々な方の様々な想いも載せているものなんです。

 

そんな今の気持ちをTwitterに呟きました。

 

祭りに参加しているボクたちにも、

携わっていて、辛い時も、大変な時も、もちろんあります。

どちらかといえば、楽しいより、大変な時の方が多いぐらいです。

 

それでも、ボクらは、この祭りという文化を

後世に伝えていかなければならないという役目があります。

 だから、辛い時も大変な時も、みんな歯を食いしばって、取り組んでいます。

 

ただ楽しんでいるだけじゃないんです。

 

色んなキモチを重ねて、今のボクの想いを書きました。 

 

ケガをされた方にお見舞いを申し上げると共に、

犯人が一日でも早く見つかるように願っております。