読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市内のだんじり祭り鍼灸師・段上 功のブログ

鍼灸師だからこそ伝えられる、ためになる情報をお届けします!同時に、だんじりや野球など、趣味や日常の発信もしています^ ^

昨日の敗因は、経験の差。このチャンスを生かすも殺すも彼ら次第。

f:id:hari9danjiri:20160606112914j:plain

大阪市城東区にある段上はり灸整骨院

院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

 

昨日は、プロ野球の日本生命セ・パ交流戦

阪神タイガース×西武ライオンズの試合を甲子園球場にて観戦してきました。

 

互いに若い選手が多い中での一戦。

延長12回まで及んだ死闘の勝敗を左右したのは、きっと「経験の差」だったのではないでしょうか。そんな風にボクは感じました。

 

【積極的な若手起用が生んだ功績】

互いに平均年齢が低いスターティングメンバー。

北條・高山・横田など、以前までの阪神では考えられないほど選手が若返りました。

反対に西武は、伝統的に積極的に若手を起用するチーム。

松井稼頭夫が抜けた後は中島裕之、中島が抜けた後は浅村栄斗と、切れ目なくスタープレーヤーが誕生しています。

 

その誕生する要因としては、若手を積極的に起用するところにあるとボクは思います。良いプレーをしても、ミスをしても、そして、結果が出なくても選手を使い続ける。

その結果、選手が色々な経験をし、成長し、スタープレーヤーになっていく。

 

昨日躍動した栗山や秋山なんかもそう。

栗山が入団して1軍の試合で活躍し出した時の守備は本当にひどかった。

決してプロと言えるようなプレーではありませんでした。

ですが、昨日のプレーを見てそんな風に感じた人は一人も居ないと思います。

それだけたくさんの経験をさせてもらい、練習し、努力して、成長していったのではないでしょうか。

 

昨日の試合を観ていて、阪神で特に目立ったのは、横田・高山の守備、そして、高山のバントミスでした。

ここが昨日の試合の敗因だったように思えて仕方ありません。

 

奇しくも、この二人は開幕戦から1・2番を組み、それが大当たりし、金本阪神・超変革の象徴とまで騒がれました。

現在では、開幕当初の活躍は出来ていませんが、これから先、毎年のように阪神が優勝争いを繰り広げていくためには、彼ら二人をはじめ、若手の成長が必要なのは明らかです。だからこそ、金本監督は「超変革」を掲げ、若手を、そして彼らを積極的に起用しています。

 

その期待に応え、

ミスをしても、打てなくても、それをバネに変え、飛躍の糧に出来るかどうかは、首脳陣ではなく、彼ら自身に掛かっています。

 

彼ら二人が目指すべき道は、

相手として戦い、たくさん出塁をし、1点を守り抜く守備を見せた栗山や秋山にあるんじゃないかなと、試合を観ていてそんな風に感じました。

左打ちの外野手という共通点を持つ高山・横田が、西武の栗山・秋山のようになった時、阪神は本当の強さを手に入れるのではないでしょうか。ファンとして、そんな日を心待ちにしています^^

 

f:id:hari9danjiri:20160606113035j:plain

 

最後までお読み頂きありがとうございまいた!

ではまた更新いたします!