読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市内のだんじり祭り鍼灸師・段上 功のブログ

鍼灸師だからこそ伝えられる、ためになる情報をお届けします!同時に、だんじりや野球など、趣味や日常の発信もしています^ ^

大学入学前にSNSで先に繋がる時代。そこから学ぶ発信の大切さ。

f:id:hari9danjiri:20160609211646j:plain

大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院

院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

 

【先に情報を発信することの大切さ】

この頃、先にSNS繋がってから、後で実際に会う。

そんなことが多い世の中になってきました。

実際に、大学の入学が決まった高校生が、

同じ学校に進む合格者とSNSでコンタクトを取り、

入学式の時にはお互いのことがよく分かっているということが増えてきているそうです。

 

スゴイ世の中になりましたよねー。

入学式で初めて会うのに、顔と名前はもちろん、趣味まで知っているんですよ。

ボクが学生だった頃には考えられなかった出来事です。

 

でも、それを聞いて、案外それもいいなーっと感じています。

なぜなら、ある程度の情報を持ってそこへ行くことが出来るから。

 

中学から高校へ進むのと違って、高校から大学は、同じ学校に進む人も少なくなってしまいます。もしかしたら一人しか居ないかもしれません。

そんな状態で入学式へ向かうと、なんだか緊張してきますよね。

きっと、そんな経験をされた方もおられるかもしれません。

 

でも、今は、先にSNSで繋がっているんです。

名前も顔も趣味も分かっている人が何人もいるんです。

もちろん初対面には変わりないので、多少の緊張はあるでしょうが、

全く顔見知りが居ないより、気持ち的にも楽ですよね。

 

これって、お店にも置き換えられるなーって思うんです。

 

人は、初対面や、初めて行くお店に入る時、極度に緊張をします。

例えば、美容室なんかがそう。

ホットペッパーで見た初めて行くお店。

ネットで予約を取ったものの、どんな人がやっていて、どんなお店の雰囲気で、どんな性格の人が居るんだろうな~とか、色々考えますよね。

そうやって考えている内にだんだん緊張してきます。

もしかしたら、行くのが嫌になってくる人も居るかもしれません。

 

人は知らない所へ行ったり、知らない人と会うのはものすごく緊張をします。

カラダの防衛本能でもあるので、それは仕方のないことです。

ですが、SNSを使って、顔を出して、趣味はどんなことで、どんな性格かわかるようなことを見れたとしたら、行くのがずいぶん楽になりませんか?

ボクはかなり行きやすくなると思います。

 

実際に今日、初めて来られた患者さん。

ボクと繋がりのある方なんですが、中に入ってすぐに、

「おかあさん、写真といっしょ~!」

「陶芸、自分で作ってるんですか?」

「私の母親も陶芸好きなんです~!」

そんな会話になりました。

 

その患者さんは、ボクのブログを見ててくれたんです。

普通、初めてお越しになってこんな会話になりませんよね。

何かグッと近くなったような気がしました。

 

先ほど挙げた大学入学前の話も、

今日来られた別の患者さんのこどもさんの実際のお話。

 

この2つの出来事があって、

やっぱり「伝えること」って大事だなって改めて感じました。

 

予約した美容室のスタイリストさんが、

もしかしたら、同じ高校出身で、趣味も同じかもしれません。

それだけで一気にキョリが近くなる。

でもそれは、発信していないと伝わらない。

伝えるってホント大切ですよね。

まだまだボクも出来ていないので日々勉強です!

 

そんなことを考えながら仕事をしていました。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

ではまた明日更新いたします。