読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市内のだんじり祭り鍼灸師・段上 功のブログ

鍼灸師だからこそ伝えられる、ためになる情報をお届けします!同時に、だんじりや野球など、趣味や日常の発信もしています^ ^

猫背を治すのは治療者ではなく自分自身。高いお金を払って猫背矯正治療を受ける必要なんてない。

こんにちは!大阪市城東区・段上はり灸整骨院院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

プロ野球日本シリーズが白熱していますね!

西川選手がサヨナラ満塁ホームランを放ち、日本ハムが一気に優勝へ王手を掛けました。あの場面、中崎投手は岡選手にデッドボールを当てた余韻がきっと頭の中に残っていたんでしょうね。出来ればボール球にしたい内角のストレートが甘くなり、真ん中に入ってしまいました。やっぱり野球っておもしろいですね。また話が長くなりそうなので、野球ネタはこのヘンで(笑)

 

【猫背は「 意識 」で改善する】

こんな話をすると「ウソや!」とよく言われるんですけど、実はボク、20歳頃までめちゃめちゃ猫背だったんです。

「 猫背だった 」という表現より、今も猫背なんですけど「 見えないようにしている 」といった方が正しいです。

常に意識して極力良い姿勢を保つようにしています。

でも、気を抜いたらまたすぐに猫背に戻っちゃうんですけどね(笑)

姿勢なんてそんなものです。

意識しないとすぐに元に戻ります。

f:id:hari9danjiri:20161028174441j:plain

伊勢神宮に参拝に行った時の写真ですが、この写真の時も姿勢を意識していました。

 

ボクが猫背を治したいと思ったのは、実は小学生の頃。

周りの友達に比べて座った時に背中が丸くなって、背骨も飛び出ていたんです。

それが気になって気になって仕方なかったんです。

「猫背やと野球が上手くなられへん」とか「骨が曲がってしまうと、大人になると治らへん。」とか「こどもの頃に治しておかないと将来はもっと背中が曲がってしまう。」なんていう半ば脅しのようなことを父親から言われていたのを覚えています。

 

あっ、そういえば最近見た父親の背中は、丸くなって、プロの目から見て完全に「猫背」と言える状態だった話は今日はしないでおきますね。

 

だから、どうしても猫背を治したくて、親にお願いして猫背矯正ギブスを買ってもらったんです。

届いたその日から毎日毎日それを付けていました。

それでもなかなか改善せず、もっと強力な新しいギブスを買ってもらい、寝る時もそれを付けていたのを覚えています。

 

1年以上付け続けた結果、最終的に猫背は改善されませんでした。

 

当時は小学生で、カラダに関する知識も持っていなかったので「何で治らんねやろ?!」と思っていました。

でも、今ならその答えがわかります。

 

それは自分で「 意識 」していなかったからなんです。

 

ギブスに頼りきりになって、自分の筋肉を使っていなかったから、外すとまた元に戻ってしまっていたんです。

良い姿勢を維持するための筋肉に、しっかりと刺激を与えられていなかったから、いつまで経っても改善されなかったわけです。

 

これは骨盤矯正や猫背矯正も同じです。

 

骨をバキバキしたり、筋肉をストレッチしたり、色んな手技で姿勢を整えていきます。

どこの整骨院・整体院でもやっていますよね。

でも、それを続けても普段から姿勢の意識をしないと、いつまで経っても改善しません。

でもこれって当たり前ですよね。

なぜなら、30分~1時間の施術をしたとしても、それ以外の23時間、睡眠の時間を8時間省いたとしても、15時間もの間 猫背でいると姿勢が悪くなりますよね。

 

いかに普段から姿勢を心掛けることが出来るか。

 

猫背を治すためにはこれに尽きると思います。

もちろん、姿勢を良くしていく運動や体操はありますよ。

でもそれもやるか、やらないかなんです。

ちょっと厳しい言い方ですみません(笑)

でもそれは、自分自身がそうしているから言えるんです。

 

何にも意識しないで座るとこんな感じ。

f:id:hari9danjiri:20161028181147j:plain

ちょっと意識して座るとこんな感じ。

f:id:hari9danjiri:20161028181138j:plain

だら~んと座るとこんな感じ。

(昔はボクもこれでした。笑)

f:id:hari9danjiri:20161028181151j:plain

では、この3つの写真を比べてみますね。

f:id:hari9danjiri:20161028181154j:plain

骨盤からまっすぐ上に赤い線を引きました。

(線が歪んでてすみません。笑)

骨盤の位置・肩の位置・耳の位置が一直線に入ると、カラダにとって一番負担のない姿勢です。

一番左でも少しだけ頭が前に出ていますね。

二番目はもう少し出ています。

三番目はかなりの猫背ですよね。笑

こうなると、頭の重り(約5~6kg)を首や肩、背中や腰で支えないといけなくなります。

その姿勢が続くと、肩こり・頭痛・腰痛になるわけです。

 

だからやっぱり姿勢が大事です。

 

ただ、姿勢を良くしようと座ると、少し経っただけでしんどくなりますよね?

どうしてもカラダは「 楽な 」姿勢を取ろうとしますからね。

最初は、しんどくなったらいつもの姿勢に戻して構いません。

また少ししたら、意識して姿勢を正してください。

そうしているうちに、姿勢を正す筋肉が少しずつ付いてきて、良い姿勢を保つのに慣れてきます。

 

あとは、鏡に映る自分を客観的に見ること

 

さっきボクが載せた写真のように、誰かに横から写真を撮ってもらってみて下さい。

思っている以上に姿勢が悪いことに気付くはずです。

まずはそれが第一歩。

姿勢が悪いということを「 認識 」し、気が付いた時にこまめに「 意識 」していく。

 

それが出来れば猫背矯正治療なんていりません。

 

ボクもそんな治療をせず改善しましたから。

みなさんも必ず良くなります。

姿勢が良くなると、肩こりや腰痛が楽になるだけでなく、見た目もキレイに見えるので若くみられるようになりますしね^^

(コレ、結構大事ですよね!)

実際に飲食店で働く60代の女性の方が、常連さんから「最近えらい若くなった!」と言われるようになったと喜んでくれていました。

老けて見られるより、若く見られる方がいいですよね。

だからそのために、気が付いた時だけでいいので、姿勢を正す意識を持ってみて下さい。

 

姿勢は意識で改善します。

無駄なお金を払う必要なんてありません。

ただ意識するのは大変なんですけね(笑)

でも、コツコツやった先には必ず良い結果が待っています。

明日からでもぜひ意識してみて下さいね^^

 

長々と書いてしまいましたが、お伝えしたいことは以上です!

では明日また更新いたします。