読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市内のだんじり祭り鍼灸師・段上 功のブログ

鍼灸師だからこそ伝えられる、ためになる情報をお届けします!同時に、だんじりや野球など、趣味や日常の発信もしています^ ^

カラダがだるい、気分が乗らない、夜スッキリ眠れない。そんな夏の疲れには「印堂」というツボが最適!

こんにちは!毎日配信されるメジャーリーガーのスーパープレイ動画で見て、一人で楽しんでいる段上はり灸整骨院・院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

【夏の疲れを感じる時に効くツボ】

毎日、鍼やお灸をしていると、

季節によって、同じツボばかりを使うことがあります。

例えば、

乾燥する時期なら、風邪に効くツボ。

寒い時期なら、冷えに効くツボ。

夏の暑い時期なら、胃腸に効くツボ。

 

たくさんのツボを使う中で、

「ここは外せないな!」って感じる場所があるんです。

それは今の時期も同じです。

 

毎日暑い日が続き、

夏の疲れが一気に出やすくなるこの時期は、

「気持ちを落ち着かせるツボ」をボクはよく使います。

それだけ疲れが溜まっている人が多いということです。

 

【表情は人の感情を表す大切なもの】

人の表情というのは、感情を表す大切なものです。

泣いたり、笑ったり、怒ったり、悲しんだり。

「言葉」というコミュニケーションツールが無かったとしても、表情でそれを伝えることが出来ます。

きっと進化の過程で必要だったのだと思います。

 

そんな大切な表情。

 

この時期は、眉間にシワが寄りやすい

そして、少しくすんで見えることが多いんです。

 

眉間にシワが寄る時の感情というのは、

怒ったり、悩んだり、考えたりしている時です。

 

きっと何かにストレスを感じている時です。

 

その眉間のちょうど真ん中に、

「印堂(いんどう)」というツボがあります。

 

ココです^^

f:id:hari9danjiri:20160824193116j:plain

 

【気持ちを落ち着かせる印堂というツボ】

このツボがよく効く症状としては、

・ストレス性の頭痛

・めまい

アレルギー性鼻炎

不眠症

・眼精疲労

自律神経失調症

などが挙げられます。

どれも疲労ストレスが関わるものばかりです。

 

夏の暑さが続き、カラダが疲れてくるこの時期には、必ずと言っていいほどよく使うツボなんです。

 

ここに鍼を打つだけで、

気持ちがスーッと落ち着いてきます

そして、打ち終わった後はスッキリした感じが出てきます。

 

それぐらい即効性のあるツボなので、

指で押さえるだけでも効果があります

押さえ方を少しお伝えしますね^^

(押さえ方)

中指で印堂を押しながら、

円を描くようにゆっくり動かしてください。

その後に5秒ほどじんわり押し込んでいくと、

それだけでも少し気持ちが落ち着いてきます。

 

夏の疲れが出やすいこの時期は、どうしてもストレスが溜まりやすくなります。

そして、ストレスが溜まると、眉間にシワが寄り、疲れているように見えたり、怒っているように見えたりします。

少しでもそれを緩和するために、少しでも元気に過ごすために、ぜひ「印堂」のツボを使ってみてください^^

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!