読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市内のだんじり祭り鍼灸師・段上 功のブログ

鍼灸師だからこそ伝えられる、ためになる情報をお届けします!同時に、だんじりや野球など、趣味や日常の発信もしています^ ^

マーリンズ・イチロー選手が、メジャーで残した3000本のヒットの軌跡。

大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院

毎年恒例の阿波踊り参戦ツアーが楽しみで仕方がない院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

 

今日、いつものように野球の記事をたくさん読んでいて、

すごく目に留まった記事がありました。

記事というより、一枚の写真にです。

 

とにかく衝撃的だったので、

今日はそれを皆様にお伝えさせて頂きます。

 

【メジャーで残した3000本安打の軌跡】

先日、アメリカメジャーリーグマーリンズに所属するイチロー選手が、メジャー通算3000本安打を達成しました。

27歳で海を渡っての記録は、日本だけでなく、世界中で賞賛されているのは皆さまご存知のことだと思います。

それと同時に、今アメリカで、イチロー選手が絶賛されているのはご存知でしょうか?

もちろん、ヒットに関してです。

 

まずはこの写真をご覧下さい。

f:id:hari9danjiri:20160812184326j:plain

 

この写真は、イチロー選手がメジャーで記録した3000本の安打の全打球位置を示した図です。

青がヒット、黄色がツーベース、黒色がスリーベース、赤色がホームランです。

 

この写真の青色の位置に注目して下さい。

ホームランを示す赤色の位置はライトにしかないのに対し、

青色は全ての方向にあるんです。

割合で見ると、ライトが31.3%、センターが35.3%、レフトが33.4%なんだそうです。

 

それだけ満遍なく打ち分けているということ。

 

これを見た時に、やっぱりイチロー選手は「天才」だと思いました。

だって、内野も外野もライトもレフトも、本当に全ての場所にヒットを打ち分けているんですから。そんなこと、日本球界だけでなく、アメリカのメジャーリーグ全体を見渡しても出来る人は居ないと思います。

 

本当に衝撃的でした。

 

そして、これを見た後に、過去にイチロー選手が残した言葉がふと蘇ってきました。

 

その言葉とは、

努力せずに、何か出来るようになる人のことを「天才」というのなら、ボクはそうじゃない。

努力した結果、何かが出来るようになる人のことを「天才」というのなら、ボクはそうだと思う。

人がボクのことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。

 

ボクは天才ではありません。

なぜかというと、自分がどうしてヒットを打てたのか説明出来るからです。

 

そう、打ち分けたヒットのほぼ全てを説明出来るというのです。言い換えれば、たまたまその場所に打球が行ったわけではなく、そこがヒットになると確信して、それを体現していたということ。末恐ろしい限りです。

 

そして、それも昔から出来たわけじゃなく、

努力を積み重ねることで出来るようになったということ。

 

本当に頭が上がりません。

 

同じ人間として、イチロー選手と同じことが出来るとは思いません。それこそ、やはり「才能」というものもあると思います。

ですが、この写真・エピソードを通して、同時に小さなことを積み上げていくことの大事さ、継続することの大切さを再認識することが出来ました。

 

おこなうレベルは違いますが、誰でも出来るような当たり前のことをコツコツ積み上げてみよう、そう強く感じた夏の夜でした。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!