読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市内のだんじり祭り鍼灸師・段上 功のブログ

鍼灸師だからこそ伝えられる、ためになる情報をお届けします!同時に、だんじりや野球など、趣味や日常の発信もしています^ ^

技術の勉強もたしかに大事。だけど、伝える勉強も必要なのでは?

f:id:hari9danjiri:20160804130019j:plain

大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院
二刀流・大谷君の打撃の才能に惚れ惚れしている
院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

ボクらのような、
人のカラダに携わる仕事というのは、
痛みを和らげること、不快な症状を取り除くこと、
それだけを提供しているようでは、
ダメなんだと最近つくづく思います。

治療だけをしていてはいけない。
個人的にはそう感じています。

ボクが治療家になって11年が経ちますが、
今までたくさんの治療の勉強会に行きました。

昨年もほぼ毎月勉強会に行っていましたが、
ほぼ全て治療の勉強会でした。

ですが、それが自分本位だなって感じたんです。

色んな治療方法を学び、
色んなアプローチを学ぶことはたしかに大事です。

だけど、それで良くできるのは、
ある一定のところまでなんです。
深い部分までアプローチ出来ていないんです。

何が言いたいかというと、
患者さんが望んでいるところに、
手が届いていないということ。

患者さんが訴える痛み・不快な症状、
それが取れるならどんな治療法だっていいんです。

別に鍼灸だろうが、整体だろうが、
正直なところ、なんだっていい。

ようは、それによって、いかに健康に過ごせるか、
いかに快適な毎日を送れるかの方が、
よっぽど大事なんです。

治療の勉強ばかりしていると、
そういう部分が見えなくなってしまうんです。
ボクはそんな風に思います。

昨日のブログでも、
治療よりも「養生」が大事だと書きました。

そうやって伝えることによって、
「カラダがスッキリした!」とか、
「よく眠れた!」とか、
そんなお声を聞くことが出来ました。

なんとか式矯正とか、
なんとか式療法なんてしなくても、
ただ伝えるだけで、
それだけの変化が出せるんです。

ボクらにとっては利益になりませんが、
患者さんにとってはカラダも楽になるし、
お金も掛からない。
その方がやっぱり嬉しいと思うんです。

ボクたち治療家にとっての最良の方法を
選択するのではなく、
患者さんにとって最善の方法を
提供することの方が大切だと思います。

そのために、施術だけを提供するのではなく、
カラダを良くするために、
健康で快適な生活を送るために、
そうやって「伝える」ことも大事なんです。

ボクがこうやってブログを始めたのも、
そんな想いからです。

美容室に行っても、
髪の毛のケアの豆知識を教えてくれる、
そんなスタイリストさんの方がいいですし、

ご飯屋さんに行っても、
食材のこと、料理のこぼれ話をしてくれる
料理人さんの方が、
ただ技術を提供するだけの人より嬉しいですよね。

ボクはそんな風に思います。
だからこうやって発信を続けています。

人に何かを伝える、提供するというのは、
ホントに大切なことです。
そして、なかなか難しいことです。

だから勉強しないといけないんです。

ボクたちの業界以外の方はもう、
皆そういうことをしています。

治療の勉強をするだけじゃなくて、
伝える勉強も必要なんじゃないかな、
そんな風に最近つくづく感じています。

今も、そういうことを学びに
神奈川県へ向かう新幹線の中で、
ブログを書いています。

しっかりと学んで、
みなさまに良い情報・楽しい情報を
お届け出来るようにしていきますね^^

本日お伝えしたかったのは以上です!
最後までお読みいただきありがとうございました。
ではまた明日更新いたします!