読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市内のだんじり祭り鍼灸師・段上 功のブログ

鍼灸師だからこそ伝えられる、ためになる情報をお届けします!同時に、だんじりや野球など、趣味や日常の発信もしています^ ^

カラダを良くするためには、治療技術や実績よりも、信頼関係が大事。

f:id:hari9danjiri:20160704233752j:plain

大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院

ハチマキ焼けが多少気になる、院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

 

【治療技術なんかよりも信頼関係】

治療をする上で、最も大事なことってなんでしょう。

カラダを良くするために、最も必要なことはなんでしょう。

 

その答えは、

圧倒的な治療技術?

今までに施術をした人数?

相手を納得させる説明力?

 

もしかしたら、それも大事なのかもしれないけれど、

ボクは、そうじゃないと思っています。

 

治療をする上で、ボクが最も大切にしているのは、

患者さんと治療者との「信頼関係」です。

 

その信頼関係が出来ていなければ、

どんなに良い治療をしても、あまり良い変化が出ないものだと思っています。

 

【悩みを打ち明けれるのかどうかが大事】

カラダの痛みや不調には、必ず原因があります。

原因の無い痛みなど、ほとんどありません。

 

そんな痛みや不調を強く訴える前って、

仕事や家庭なんかで、何かしらの変化があったりしませんか?

 

仕事場でなら、

仕事内容が変わったり、職場が変わったり、

嫌な上司がやってきたというのもあるかもしれません。

 

家庭でなら、

住む環境が変わったり、旦那さんの帰りが遅くなったり、

こどもさんが体調を崩したなんていうのもあるかもしれません。

 

そんな変化があった後に、痛みやカラダの不調が出てくることが多いです。

 

その悩みを治療者に打ち明けられるか、打ち明けられないかで、

治療の結果って変わってくると思うんですよね。

 

思うというより、確実に変わってきます。

カラダというのは、気持ちも心もリラックスしてはじめて、

良い変化が出てくるものだからです。

 

患者さんの中には、

治療する前に、ベッドで仰向けになっただけで、

「もう何か、楽になった気がする~。」とか、

「先生の顔見ただけで、落ち着いた気持ちになる。」

ということを言っていただけることがあります。

 

そう言っていただける患者さんは、

ボクが特別な治療を施さなくても、きっと良い変化が出ると思うんですよね。

 

極端な話、治療をせずに仰向けのまま悩みを聞いて、少しお話をしただけでも、ある程度良くなると思います。

それが信頼関係なんです。

 

だから、治療技術とか、治療実績とかはあまり関係ない。

 大事なのは、目の前の患者さんを大切にすること。

 

そうすれば、そこに信頼関係が出来て、自ずと良い結果が出ると思うんですよね。

 

今日はそんなことを考えながら仕事をしていました。 

最後までお読みいただきありがとうございました!

また明日も更新いたします。