読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市内のだんじり祭り鍼灸師・段上 功のブログ

鍼灸師だからこそ伝えられる、ためになる情報をお届けします!同時に、だんじりや野球など、趣味や日常の発信もしています^ ^

肩こりがある人、肩こりがない人がいるのはナゼ?

大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院

院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

 

今日の大阪は珍しくスッキリと晴れましたね!

でも、アツイ!!

気温も湿度も高く、とにかく暑かったです。

 

今日初めてクーラーを入れた方もいるのではないでしょうか?

実際にそんなことをおっしゃっていた方もおられました。

 

こうやって冷房が入る季節は、痛みやだるさが出やすい時期でもあります。

現代病とも言われる「肩こり」なんかもそう。

冷房で冷えて、肩が凝って、頭が痛くなる・・・。

そんな方も多いですよね。

 

でも反対に、

「肩こりなんか経験したことがない」という方も中にはおられますよね?

それってナゼ??

よくご質問をいただくので、ボクなりの言葉で解説してみようと思います。

 

f:id:hari9danjiri:20160701203334j:plain

【そもそもナゼ、肩って凝るの?】

要因①身体的影響

→難しく書いていますが、

カンタンに言うと、「筋肉が硬くなって出てくる」ということです。

硬くなる原因はさまざまで、姿勢や体勢だったり、冷えだったりするわけです。

 

肩や頭の重さなんかも影響します。これは姿勢や体勢に含まれます。

 

頭の位置で掛かる負担が変わるというのを絵で書きました。

へたくそですみません。笑

f:id:hari9danjiri:20160701201640j:plain

 

大胸筋という大きな筋肉の付き方から、

ヒトは腕を挙げた状態が「本来の状態」だと言われています。

f:id:hari9danjiri:20160701201721j:plain

 

腕をだらんとおろしている状態が正常ではないんです。

実際に、腕をおろしているだけでも疲労が溜まり、筋肉が硬くなります。

f:id:hari9danjiri:20160701201736j:plain

 

だから、腕をあまり挙げない生活になると、肩が凝りやすくなります。

 

要因②精神的影響

→これも難しく書いていますが、ストレスのことです。

 

肩こりがストレスと関係するっていうのはビックリされますが、

ボクがよく患者さんにお伝えする例えを

聞いてもらえれば納得して頂けると思います。

 

例えば、2時間の間、2人で居たとします。

その状況は、

①キライな先輩と会議室で過ごす2時間。

②仲の良い親友とカフェで過ごす2時間。

 

これどっちが肩こりますか(笑)?

同じ2時間でも、肩の凝り方は一緒じゃないですよね?

 

ということは、精神的な要因は否定できないということです。

難しい学説なんかを説明するより、よっぽどわかりやすいですよね。

 

身体的要因も、精神的要因も両方ある場合は、

肩こりは出やすいというのはお分かりいただけましたよね。

 

【ナゼ肩が凝らない人がいるの?】

「ワタシ、肩こりなんて感じたことないんです!」

そんな羨ましい人って、たまに居ますよね。笑

 

美容院に行っても、「肩凝ってますね!」って言われるけど、

「全然肩こりを感じない。」

 

ナゼ、こういう人は肩こりがないのか?

 

結論から言うと、

肩こりを、「肩こり」として認識していないだけなんです。

 

この認識していないという意味には、

どういうものが肩こりなのか、わかっていないという部分と、

あまり細かいことを気にしていないという部分の2つがあります。

 

もちろん、めちゃくちゃ運動していて肩こりを感じないという人も居ます。

 

でも、運動もしないのに、それに、筋肉も硬くなっているのに、

肩こりを感じないという人は、

それが「肩こり」だと分かっていなんです。

 

それは、さっきお話した精神的要因が大きく影響しています。

 

性格的に楽観的な人、細かいことをあまり気にしない人、考え事や悩み事をあまり抱えず発散できる人、そんな人は、肩こりを感じにくいです。

 

精神的な部分での影響をあまり受けない人なんです。

思い返してみると、結構あてはまりますよね?笑

 

ただ、そんな人でも、認識していないだけで、筋肉の硬さはあることが多いんです。

だから、一度肩こりを感じると、その後も、わりとずーっと感じます。笑

 

肩こりってなかなか厄介ですよね。笑

 

じゃあ、肩こりを認識しない人の方が得なのかと言われれば、そうではありません。

 

実は、肩こりを感じない人は、

筋肉の硬さを自覚しないままドンドン疲労が溜まり、

「寝違い」などの強い症状が出てきやすいんです。

 

これは、実際にボクが患者さんを診てきて思うことです。

 

人が出す痛みやだるさというのは、カラダから発するサインです。

 

「そろそろどないかせな痛くなんでー。」

「温めときやー。」「頭痛くなってくんでー。」

 

そんな風に無言のメッセージを送ってくれているんです。

だから、ある程度の肩こりはある方がいいのかな、と個人的には思います。

 

ただ、しんどいんですけどね。笑

 

カラダを守るという点では、防衛機能がちゃんと働いている方がいいです。

 

長々とお話しましたが、肩こりを感じる人と感じない人の違いは、

認識しているか、認識していないかの違いで、

精神的な部分が大きく影響するということ。

 

そんなことから考えれば、肩こりが出ないようにするためには、

ストレスを溜めないことが大事だということです。

 

多少溜めても、発散しましょう。

何でもいいので好きなことをやりましょう。

短くてもいいのでゆっくりと過ごす時間を大切にしましょう。

 

もちろん、姿勢や体勢がキレイな方が良いですけどね。

それが出来なくても、少し緩和が出来ますよ^^

 

あっ、外人は肩が凝らないって言いますが、あれウソですからね~。笑

 

外人さんでもストレスは感じますからね^^

 

では今日も最後までお読み頂きありがとうございました!