読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市内のだんじり祭り鍼灸師・段上 功のブログ

鍼灸師だからこそ伝えられる、ためになる情報をお届けします!同時に、だんじりや野球など、趣味や日常の発信もしています^ ^

ストレスを溜めたり、イライラしやすい人と、そうでない人の違いは、ほんのわずかな「考え方」の差。

大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院

院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

 

世の中には同じことを経験しても、

ストレスを感じやすい人と、ストレスを感じにくい人が居ます。

実は、この違いってほんの些細なことなんです。

 

人は、こんな時にストレスを感じます。

①余裕があまりない時

②自信がない時

③初めてのことに遭遇した時

④体調が良くない時

⑤環境が悪い時

 

ひとつずつイメージしてもらえると納得出来ると思います。

①余裕があまりない時とは、

予定外に電車が遅れ、約束のある時間に間に合いそうにない時なんかがそう。

④体調が良くない時とは、

前日から続くひどい下痢の中、仕事に向かう時なんかがそう。

 

こんな時、人はストレスを感じます。

ストレスを感じやすい人と感じにくい人の差は、「考え方」です。

 

①なら、

A.やばい!約束の時間に間に合えへん。どうしよ!どうしよ!

と考えるのか、

A.電車が遅れたんやし、しゃーないわ。連絡だけしとこ~

と考えるのかの違い。

 

④なら、

A.行く途中とか、仕事場でトイレに行きたくなったらどうしよ?

と考えるのか、

A.前もって伝えといて、トイレに行きたくなったら行かせてもらお~

と考えるのかの違い。

 

ゆっくり、楽に考えることが大切です。

 

カンタンなようですけど、

ストレスを溜めたり、イライラしやすい人は、

これが意外と出来ていないんです。

 

・前もって相手に伝えておく(準備をしておく)

・ストレスを感じたことを自分自身で認識する

 

これだけで半分ぐらいストレスを軽減出来ます。

焦っている自分、イライラしている自分を

第3者として遠くから眺めているような感覚を持つことが大切です。

「そんなに焦らんでいいよー」っと、自分に投げかけてあげてください^^

それだけでずいぶん楽になります。

 

とにかくゆっくり、楽観的にというのが大切です。

 

シンプルな内容ですが、非常に大事なことを書きました。

ストレスを感じて体調を崩しやすい方は、ぜひ実践してみてくださいね^^

 

f:id:hari9danjiri:20160614231151j:plain