読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市内のだんじり祭り鍼灸師・段上 功のブログ

鍼灸師だからこそ伝えられる、ためになる情報をお届けします!同時に、だんじりや野球など、趣味や日常の発信もしています^ ^

「私は疲れが溜まってない」そんな人ほど疲れが溜まっている。

大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院

院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

 

「私は疲れなんか溜まってない。」

実は、そういう人ほど疲れが溜まっているものなんです。

それは、その疲れに対し、自分自身が気づいていないから。

 

5月も終わりに差し掛かり、30度を超すような暑さから、

梅雨の幕開けを感じさせるような、

雨が降り続く天気へと変わってきました。

 

こんな時、人は疲れを感じやすい。

 

ボクたちは、どんな状況であっても、

気温や気候に、柔軟に対応することが出来る生き物です。

 

暑い日でも、寒い日でも、晴れの日でも、雨の日でも。

ボクたちの体温は、常に一定に保たれています。

それは、そういう調節を、カラダが勝手におこなってくれているから。

 

何も命令を出さなくても、

無意識のうちに、働いてくれているんです。

本当に賢い生き物ですよね。

 

でも、ずっと働き続けたら疲れが出てきます。

仕事なんかでも同じですよね。

毎日毎日終電近くまで、休みも無く働いたら、

だんだん疲れが出てきますよね。

カラダも、同じです。必ず疲れが出てくるんです。

 

「私は、疲れが溜まっていない。」

そうおっしゃる方がたくさんおられます。

ですが、実際にはそうではなく、

『気付いてあげられていない』だけなのです。

 

何かに悩んだり、イライラしたりすることだけがストレスと呼ぶのではありません。

長い時間働くことも、夜遅くまで起きていることも、

カラダにとってはストレス(疲れ)なんです。

突然カゼを引いたり、便秘になったり、夜が眠れなくなったり。

それが出てくるのは、カラダに疲れが溜まっている証拠です。

 

そうなる前に、

たまには、休みを作ってカラダを休めてあげましょう。

 

起きる時間を気にせずゆっくり眠るとか、

好きなものを食べたり、見に行ったりするだとか、

そんなことで構いません。

 

のんびり過ごして、カラダに癒しを与えてあげてください。

 

体調を崩して来院された患者さんに、

今日お伝えしたことをそのままブログに書きました。

疲れの反動が出る前に、カラダを休めてあげましょう。

 

それではまた、明日更新いたします^^

最後までお読み頂きありがとうございました!

f:id:hari9danjiri:20160526230327j:plain