読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市内のだんじり祭り鍼灸師・段上 功のブログ

鍼灸師だからこそ伝えられる、ためになる情報をお届けします!同時に、だんじりや野球など、趣味や日常の発信もしています^ ^

痛みを遠ざける方法は、「カンタンだけどめんどくさい」

f:id:hari9danjiri:20160507000408j:plain

大阪市城東区鴫野にある小さな治療院、

段上はり灸整骨院の院長・段上(だんじょう)です^^

 

塵も積もれば山となる。

そんなことわざがありますよね。

実はコレ、カラダの痛みでも同じことが言えるんです。

 

「痛みは一日にして成らず。」

ちょっと格好よく言いましたが、これは本当です。

痛みというのは、

何か特別な動作をしたから出るわけではありません。

小さな疲労の積み重ねで、出てきてしまうんです。

突然出るものではない。

 

だからこそ、日々溜まるその疲労を、

毎日少しだけでも軽減することが出来たら、

痛みを遠ざけることが出来ます。

 

【カンタンだけど、めんどくさい】

普段、患者さんとお話をしていて、

「何もしてないのに痛くなった」

という言葉をよく耳にします。

 

ですが、それは大きな間違いです。

はっきり言って、原因のない痛みなどありません。

 

何もしていないのに痛くなったのではなく、

何もしていないと考えている体勢・動作に、

問題があるから痛むんです。

 

例えば、腰痛

腰が痛くなった時、

朝、顔を洗うのが辛く感じたり、

靴下を履く動作が痛く感じたりしますよね。

 

カラダを曲げるという動作は、

本来、それだけ負担のかかる動作だということです。

痛みの無いときは、それを感じていないだけ。

 

それぐらい腰の痛みが強い時は、

腰を曲げず、足を使ってしゃがみますよね?

 

そのカラダの使い方が、

一番腰に負担の少ない動作だということです。

 

めんどくさいですが、

普段から、そういう心掛けをしましょう。

それだけで、疲労が溜まりにくくなります。

その心掛けが、

痛みを遠ざける一番カンタンな方法です。

 

カンタンだけど、めんどくさい。

でも、「めんどくさい」ことを省くと、

痛みは早くやってきてしまいます。

 

痛みが出ないようにするために、

この「めんどくさいこと」を続けましょう。

あなた自身が、快適な生活を送るためです^^

 

顔を洗う時、

靴下を履く時、

下の物を持ち上げる時、

「腰をあまり曲げず、しっかりとしゃがむ。」

ボクはいつも心掛けていますよ~。

皆さまも一緒に気を付けましょう^^

 

 

※明日は休診とさせて頂いておりますので、

お間違えのないよう、お気を付けください。